自宅で白髪染めを進める方法!

 

 

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

 

 

どうしても白髪は、「老けて見える」「疲れて見える」などネガティブなイメージがあるため、

 

日本の女性8割以上の人が白髪染めを選択しています。

 

では白髪を染めは、

 

いつ頃からどのタイミングで、
どの様な染め方を選択すべきか迷っている方にむけて

 

自宅で行える白髪染めに

フォーカスをしてシェアしていきたいと思います。

 

「白髪染め」と一口に言っても実は様々
なやり方があります。

 

その中でも{王道}と呼ばれるのが、

 

一般的なアルカリ性の白髪染め(ジアミン配合)
合成化学染料の白髪染めが多く使われています。

 

現在は、アルカリ性白髪染め・酸性カラー(ヘアマニキュア)
・ヘナカラー・ハーブカラー・白髪染めトリートメント(カラートリートメント)

 

など色々な種類の白髪染めがあります。

 

ですが、

 

白髪染めの染め方や種類によっては、髪や頭皮にダメージを与え
てしまったり、アレルギー反応を起こし、かぶれ、炎症、化膿などの

 

症状が出てしまい、、、

 

最悪の場合は、アナフィラキシーショック急性の全身性かつ

重度のアレルギーを起こす事もあります。

 

 

では、

 

実際、自宅で白髪染めを行う場合は、
どの白髪染めを選択して何を注意して行えば良いのか
わからない人も多いかと思います。

 

 

この記事で分かること

 

今まで、オシャレ染めを行ってきたけど

最近ちらほら白髪が目立ってきたので白髪染めに
変えるタイミングが難しい、、、。

 

自宅で白髪染めを行なう場合は、どんな

白髪染めを使って良いのかわからない、、、。

 

白髪染め初心者が白髪染めを進める際に

注意することを知りたい、、、。

 

白髪染めをしてどんなメリットがあるの、、、?

 

 

 

私自身は日々のサロンワークを行って、多くの白髪染めに
関わってきましたが、その実体験をもとに自宅で白髪染めを行う
場合に注意すべき点を解説していきます。

 

 

 

この記事の目次

 

1.白髪染めをはじめるタイミング

 

2.白髪染めの種類
・アルカリ性白髪染め
・酸性カラー(ヘアマニキュア)
・ヘナカラー
・白髪染めトリートメント(カラートリートメント)

 

3.白髪染めを進める際に注意すべきこと!

 

4.アレルギー対応の白髪染め(ノンジアミン)
@.昔から有名なヘナカラー
A.白髪染めトリートメント(カラートリートメント

 

5.あなたが白髪染めを自宅で染めた方が良い理由

 

6.白髪を自宅でシンプルに簡単にに染める方法

 

7.白髪染めのメリット!いつも健康的で美しく見られる

 

8.周りの同年代より若々しく見られる秘訣とは

 

9.まとめ

 

1. 白髪染めを始めるタイミング

 

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

 

日々のサロンワークを行っていて、壁にぶつかる1つに

オシャレ染めから白髪染めに変えるタイミングです。

 

白髪を染め始める年齢は人それぞれです!

 

白髪は人によって早い時期に生える人もいれば、
遅い人もいてマチマチです。

 

 

早い人で10代から遅い人ですと60代でも生えない方もいらしゃいます。

 

他人から見るとまだまだ白髪は気にならない程度でも、
本人にしたら大問題だったりしますよね!

 

人によっては、
白髪が気になりすぎて抜いてしまう方がいますが、

 

オススメ出来ません!

 

 

健康的な髪を抜く事で毛穴が炎症を起こしてしまい
毛包炎症を引き起こす可能性がありますので、

 

抜くのではなくカットする事をオススメします。

 

 

 

人それぞれ白髪が気になるポイントが違うため、、、

 

白髪染めを始めるタイミングはなかなか難しいのですが!

 

まずは、

 

白髪の量が少ないうちはカットもしくは

 

明るめのオシャレ染め

 

 

(白髪は染まりません)で全体の髪色を明るくする事で白髪が目立たなくなります。

 

更に、

 

プロのテクニックでハイライト、ローライト、(メッシュ)を入れて
コンストラクションをつけて奥行を出すのも良いですね!

 

 

 

ちよっとした!生えぎは、分け目に生えて来た少量の白髪がでしたら「白髪かくし」オススメします。

 

 

お出かけ前に見つけてしまった白髪

 

他人からの視線が気になってしまい、「老けて見られるのではないか!不健康そう、疲れて見えるのでは!」

 

 

などなど、

 

 

せっかくの外出が台無しになってしまいます。

 

そんな時に便利なのが

 

ピンポイントで白髪をカバー出来る白髪隠しは、1本あると、とても便利!

 

すでに白髪染めをされている方にも
伸びて来た根元の白髪、

 

急な大切なイベントや外出の時に簡単に数分で白髪を隠せます。

 

 

 

特にオススメは、コチラの

 

POLAグローイングシヨット カラークイックブラシ

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

コチラの特徴は

 

しなやかな感触のコーティング成分が、

 

うるおいとカラーをキープするので、市販のヘアマスカラによくあるゴワゴワ感少なく、

 

髪を固めず、ふんわりとした仕上がりになります

 

詳しくはコチラの公式サイトをご覧ください!

 

 

↓↓↓公式サイトはコチラ↓↓↓

【POLA】グローイングショットカラートリートメント

 

 

それでも気になる様な状態、隠しきれない場合は、白髪染めを選択します。

 

2. 白髪染めと言っても色々ある

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

一般的なな白髪染めの薬剤はアルカリ性、(ジアミン)合成化学染料の白髪染めが多く使われています。

 

 

 

・アルカリ性白髪染め

 

メリットは根元から毛先までしっかり色鮮やかに色の明るさも自由にコントロール出来ます。

 

 

デメリットはどうしても髪や頭皮に負担をかけてしまい、
痛みパさつきがどうしても出てしまいます。

 

 

アレルギー体質の人は、(ジアミン)によるかぶれ、を引き起こすことがありますので、必ずパッチテストが必要です。

 

 

・酸性カラー(ヘアマニキュア)

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

日本で白髪染めに使われているヘアマニキュアは地肌付近を少し開けて染めるのが一般的です。

 

ヘアマニキュアは地肌に薬剤が付くと地肌が染まってしまい中々とれなくなってしまいますので、

 

デメリットは地肌付近から染められない事と黒髪を明るくする事が出来ない事です。

 

 

・ヘナカラー

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

自然な成分を使い頭皮や環境にもやさしく
地肌から毛先まで髪にハリ、コシをもたらし自然な仕上がりになります。

 

(天然100%ヘナはオレンジ色に染まるため自然なブラウンに仕上がる物には天然ハーブがブレンドされている物もあります)

 

 

 

・カラートリートメント(白髪染めトリートメント)

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

もっとも自宅で、髪に負担をかけずに手軽に使用する事が出来ます

 

 

 

使用するたびに白髪を目立たなくカバーするイメージです。

 

メリットは地肌に付きにくく、髪に艶、潤いを与えてトリートメント効果もあります

 

デメリットは黒髪を明るくする事が出来ない事です。

 

 

3.白髪染めを進める際に注意すべきこと

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

普段のサロンワークでもっとも気をつけている事はかぶれです

 

 

せっかくサロンに来店していただき

 

綺麗に染め上げられたとしても
かぶれ炎症を起こされてしまったら元も子もないです。

 

 

一般的な白髪染めはジアミン(パラフェニレンジアミン)という合成化学染料が使用されています。

 

このジアミンを使う事により少ない色素で色を濃く出すことが可能なため、

 

有害な事は分かっていても現在のヘアーカラーには、多く使われています。

 

 

ジアミンアレルギー症状は、かぶれ、炎症、化膿などがあり

 

アナフィラキシーショック急性の全身性かつ重度のアレルギーを起こす事もあります。

 

 

最初のうちはアレルギー症状が出ない人でも急にアレルギー反応が出てしまう方もいてかぶれ

 

炎症を起こしてしまうケースもありますがありますので

 

 

十分な注意が必要です

 

白髪染めの副作用(ジアミンの危険性について)

 

ではジアミンアレルギーを起こしてしまう方はどうしたらよいのでしょうか?

 

 

4.アレルギー対応の白髪染め(ノンジアミン)

 

@昔から有名なヘナカラーがあります!

 

自然派志向の人に好まれ髪を傷めず、痛んだ毛に潤い、ツヤを与えてハリ、コシが出てセットし易くなります。

 

ただ100%ヘナで染めるとオレンジ色に染まるため
自然なブラウン色を求めるのであればハーブをブレンドした物をオススメします。

 

 

このヘナも100%安全ではない場合もあります!

 

 

私がそうなのですが、

 

ヘナやハーブカラーなどにアレルギー反応を起こしてしまい普段のサロンワークでは、手袋、マスクは手放せません

 

何故か私の場合一般的なヘアカラー(ジアミン)はアレルギー反応が出ないのですが、

 

しかし、

 

いつアレルギー反応が出るかは分からない状態ですのでつね日頃から
最善の注意を払ってサロンワークを行っています。

 

 

他には

 

 

A白髪染めトリートメント(カラートリートメント)があります。

 

最も頭皮への負担んが少なく、しみたり、ヒリヒリしたり
する事がないので

 

安心して染める事が可能です。

 

 

しかし、

 

100%安全とは言い切れないです、、、、

 

メーカーにもよりますが、やや安全性に劣る成分も
含まれているため肌の弱い方、敏感肌、乾燥肌、

 

過去にアレルギー反応を起こした方は

 

 

ご自身でヘアカラーを行なう場合は事前にパッチテストを行って下さい。

 

パッチテスト(皮膚アレルギー試験の手順)

 

 

使用する48時間前にカラーリング剤を腕の内側などに少量を塗布して反応を見ます。

 

 

もしわずかでもかゆみ、赤み、炎症などの症状があれば使用をやめて下さい。

5.あなたが白髪染めを自宅で染めた方が良い理由

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

早い方ですと2週間程で気になる白髪!もっと早い時期に気になる人もいるくらい日々の生活の中で気になる悩みのひとつです!

 

 

どうしても白髪を2週間1度サロンに来店をして染めてもらう事は時間、コストを考えてもかなりの浪費になります。

 

もしあなたが、どうしても白髪が気になるのであれば、用途に合ったホームカラーがオススメします!

 

特にイチ押しするのは、手軽に染められるカラートリートメント!(白髪染めトリートメント)

 

 

次にオススメするのは
カラートリートメントよりも少し手間や時間はかかりますが、

 

自然派志向の天然ハーブをブレンドされたオーガニックヘナカラーをオススメします。

6.白髪を自宅で簡単に染める方法

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

自宅で白髪染めをするのにイチ押するのは

カラートリートメント!(白髪染めトリートメント)

 

 

カラートリートメントの場合、
基本的に」1回で染まるというよりは徐々に
染まるイメージです。

 

 

なので毎日のシャンプー後にコンディショナー、トリートメント
がわりにカラートリートメントを使用する事で

 

徐々に染まって行き、

 

トリートメント効果もありますので一石二鳥です。

 

 

しかし、

 

色々なカラートリートメントを使用してみましたが、

 

使用された事のあるアンケート調査でもデメリットとして

 

2人に1人が染まりに不満を感じられるという結果が出ている事もある
位染まりづらいという欠点があります。

 

 

そんな中で見つけたのは!

 

 

こちらの
「染まる」ことにこだわった【マイナチュレカラートリートメント】

 

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

 

私が使ったカラートリートメント中では1番使いやすかったです!

 

実際にコチラの商品は2018年上半期新作のカラーで1位を受賞しています。

 

 

 

髪や頭皮や環境にもやさしく、

 

「パッチテスト」 「アレルギーテスト」「 スティンギングテスト」などの
3つの厳しい検査をクリアしているため、

 

 

アレルギー体質の方やかぶれの出やすい人でも安心して使用可能です。

 

たった、これ1本で!

 

「白髪ケア」「ヘアケア」「エイジングケア」「スカルプケア」、出来るので、

 

とにかく忙しい現代人にとっては貴重な時間を節約できて

 

若々しく見られ元気で明るく、周りから羨ましがられます

 

 

毛髪診断士&美容師が商品開発【マイナチュレカラートリートメント】

は、たくさんの雑誌にも取り上げられています。

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

 

 

お気に召さなければ返金保証もついております。

 

 

 

 

 

7.白髪染めのメリット!いつも健康的で美しく見られる

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

髪の毛が痛んでバサバサだったり、白髪が目立つと老けた印象を与えてしまいます。

いつも元気で健康的に美しく見られるには、まず髪の毛!

 

 

 

特に白髪は苦労してそう疲れて見える、老けた印象などなどマイナスな印象のオンパレード、、

 

 

グレーヘアーは自然なブラウン、ナチュラルな黒にするのが若々しい印象を与えます。

 

 

反対に

 

私の個人的な観点からすると、

 

ある程度白髪染めを経験をされて来たシルバー世代の方で、
白髪と黒髪のバランスを見て自然なシルバーグレイ色になるようであれば、白髪染めを止める事を進めます。

 

勘違いしている方が多いのですが、白髪は本来メラニン色素が抜けているだけで髪の毛事態はとても健康です。

 

何故か髪の毛がバサバサボロボロになって老けた印象
なってしまう方と言うと、

 

薬剤、白髪染めで痛めてしまっているせいです。

 

特に市販の安い白髪染めは素人でもむらなく染まる様にかなり強く作られているため、後々後遺症が出てしまいます。

 

なので、

 

自宅での白髪染めは
カラートリートメントやヘナ、ヘアマニキュアオススメします。、

8.周りの同年代より若々しく見られる秘訣とは

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

白髪を染める事により心も若く前向きにいられます!

 

 

朝起きて、鏡に写ったあなたの髪がハリ、コシ艶のある自然な色ですと元気な持ちで一日が始められます!

 

もしも反対に髪がバサバサ艶も無く白髪もまばらに生えている自分の姿をみた時には、メイクをするのも嫌になり

 

外に出歩く事も面倒くさくなってしまい内面から老けてしまい

 

 

周りの同年代よりも若々しく見られるどころか、逆に老けて疲れて見える印象になってしまいます。

 

なので、

 

白髪を気にせず自然体でいられる方は、別として

 

どうしても白髪を気にしている様であれば、

 

 

白髪を染めて内面から元気で美しく若々しくいられる事をオススメします。

9.まとめ

日々のサロンワークで、感じる事は白髪染めをせずに自然体でいる方は少なく、、、

 

 

あなたも、

 

そうだと思いますが、白髪に対して何らかのストレスを感じている方がほとんどです。

 

自宅で白髪染めの進め方.jp

 

今回紹介した自宅で髪を傷めずに白髪染めを行なう物は市販のドラッグストアで、

 

扱っている商品よりも値段が高いですが、

 

髪がバサバサになる事は少なく髪を綺麗に保てて
ストレスを感じさせません!

 

もちろん、

 

サロンでのカラーはプロが、

 

お客様とコミュニケーションを取って
ライフスタイルに合わせた白髪染めを選択しますので、

 

仕上がりは間違いありませんが、

 

 

ホームカラーで

 

 

1度痛めてしまった髪は中々健康でツヤがあり美しい髪に戻すのは、大変な事です

 

 

なので、

 

 

自宅で白髪染めをする場合はダメージを与えない白髪染めを選択するのが、ベストです!
(デメリットとしてはダメージが少ない分黒髪を明るくする事が出来ません)

 

 

 

 

黒髪を含めて明るめの白髪染めをする場合は、サロンで行なう事をオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者情報・特定商取引法に基づく記述ページ