白髪とストレスの関係とは

 

知らずに死ぬと後悔する、白髪とストレスの真実!

 

 

何かと現代社会では、解決出来ない身体の不調、
よくわからず起こる体の変調などは、

 

ストレスが原因とされる事がありますが、

 

果たして

 

白髪もストレスの関係性はあるのでしょうか?

 

 

日々の生活で、

 

あなたもそうだと思いますが、

 

みんな何かしらのストレスを感じる事は多々あると思います。

 

 

私もそうですが、

 

「職場での人間関係」「家庭の問題」「夫婦関係」「子育て」

 

「ご近所トラブル」「将来の生活の不安」「お金の問題」などなど

 

数えたらきりがない位の悩みや不安を抱えて生活して、
毎日ストレスがコツコツと溜まってしまい

 

心が疲れてしまいます。(精神的不調)

 

イライラして怒りぽっくなってしまう、不安になって仕方がない、
周囲の視線が気になる、今まで楽しかった事がつまらない、

 

何をするにしても意欲が出ない、考えている事がまとまらない、

 

など

 

他にもたくさんの症状があるかと思いますが、

 

心の疲れストレスは体に影響してしまいます。

 

 

普段のお客様との会話でも

 

髪の抜け毛や髪が細くなった、白髪が増えた気がする、

 

 

きっと!あの時

 

の出来事でストレスを感じた事て症状が出たのではと、、

 

過去を振り返る方がいらっしゃいます、

 

確かに、

 

 

毎年同じ時期に髪が細くなり、髪が一時的に薄くなって、
白髪が多少増える方がいます

 

この方は、

 

この時期に残業が続いて、睡眠不足でかなりのストレスを感じて

 

肩こり、腰痛、頭痛、耳鳴り、憂うつ

 

などに悩まされて

 

もろに頭皮や髪に症状が出ている感じします、
この時期を過ぎると

 

徐々に元の状態に戻ります。

 

 

ではなぜ、

 

ストレスを感じて白髪が増えたり、頭皮や髪の毛に
影響を与えてしまうのでしょうか?

なぜストレスによって白髪が増える理由

 

人は、

 

ストレスを感じると心が疲れて(精神的不調)

 

体の不調(身体的不調)を起こす事があります

 

心と体は連動していて

 

 

心身のバランスが壊れると、脳の働きに影響を与えてしまい
自律神経に変調を来すと、

 

ホルモンバランス不安定になり
イライラしたり憂うつなる事があり

 

体の不調をおこし髪の毛の色となるメラニン色素
作るメラサイトに悪い影響を与えてしまい、

 

メラサイトの機能を低下させてしまう事で
白髪が増えてしまいます。

 

知らずに死ぬと後悔する、白髪とストレスの真実!

 

 

もう少し具体的に話しますと、

 

ストレスによって変調を起こしてしまう
自律神経

 

交感神経副交感神経に分けられていて

 

交感神経は体を活動的に働かせていて、
反対に副交感神経は休息時、休んでいる時に

 

自分の意思とは関係なく活発になり

 

同時にこの神経2つが活発になることはありません!

 

 

なので、

 

 

片方が活発に強く作用するときは、もう片方は弱くなります。

 

 

しかし、

 

 

過剰なストレスや生活習慣の乱などが原因で
どちらかの神経が強すぎる状態が続くと

 

 

自律神経のバランスが崩れてしまい→ホルモンバランスに支障をきたし→

 

メラサイトの機能低下→メラニン色素を作る力が弱まる→白髪が増える

 

この様な悪循環なサイクルになってしまいます。

ストレスの影響で出来る白髪の予防方法はないの?

 

予防方法としては、

 

単純にストレスレスの状態を維持できれば、(ストレスのない状態

 

良いのですが、、、

 

現代社会では大量の情報社会で生活をしています。

 

経済的には豊かになり、ネットんなどの科学技術がどんどん
高度に発達して

 

より快適で便利な世の中にはなりましたが、

 

その反面、

 

ストレス社会とも呼ばれる中で生活しているため
どしても多くのストレスを抱えてしまい、心が病んでしまいます

 

 

又は

 

 

不規則な生活習慣も自律神経の乱れになります。

 

 

今現在のストレス社会で生活する貴方は

 

交感神経(昼間に活動するための交感神経)
残業やインターネット、テレビ、趣味の時間などに

 

睡眠のサイクルが乱されて、自律神経のリズムもおかしくなってしまいます。

 

 

本来夜間は、副交感神経が体を休めるために強く働きます。

 

 

なので、

 

 

ストレスの影響で自律神経が乱れて、メラサイトの機能を低下させてしまうと、
白髪が増えてしまいますので、

 

 

ストレス解消はもちろんのこと、

 

自律神経のバランスを整える事が大切です、

 

ポイントとしては、副交感神経の働きを高める事がもっとも効果的です。

白髪予防の具体的な方法

 

日々の生活で簡単に行える方法として、

 

まずは、

 

ぬるめのお風呂にゆっくり入ることです、38℃〜41℃の
お湯に20分から30分つかると良いです、

 

気おつけておきたいことは、

 

温度が高いと反対に交感神経を刺激してしまい
逆効果になってしまいます、

 

ゆっくりと入るお風呂は副交感神経を高めるのに
効果的で心地よい睡眠が行えます、

 

合わせて

 

お気に入りの入浴剤やエッセンシャルオイル、バスソルト

 

特にベルガモット、ラベンダー、などの匂いはリラックス効果が高いと
言われているため

 

一緒に入れるとなお効果的です。

 

知らずに死ぬと後悔する、白髪とストレスの真実!

 

 

更に

 

自律神経を整えるのに効果的な方法として

 

温水、冷水シャワー(温、冷交代浴)
という方法があります、

 

「私もかれこれ3年以上毎日の健康ルーティンに
取り入れておれます、毎日入浴ご体がポカポカして
朝まで気持ちよく眠れます」

 

 

初めはかなりの抵抗がありますが、

 

私の場合はなくてはならない健康法のひとつです。

 

・睡眠を促進するホルモン「メラトニン」が分泌されて

ぐっすり眠れるようになる

 

・抗酸化作用が現れて若返る

 

・全身の血流が改善される

 

などの健康効果があります。

 

 

温冷水シャワーのやり方は、

 

名前のごとく、温いシャワーと冷たいシャワーを
交互に体に当てるだけです!

 

温水を体に当てると全身の血液が体の末端にいきわたり、

 

冷水を体に当てると血液が心臓に向かいます。

 

 

なので、

 

 

温水・冷水を交互に浴びると、
血液が全身を循環しまので、全身が元気になります。

 

 

温度は、

 

温水は45℃、冷水は7℃位が推奨されておりますが、

 

温冷水シャワーは刺激がとても強いので

 

今の冬場からスタートする場合は、

 

初めは温水30℃、冷水20℃位から始めて徐々に
温度差を広げていくと良いかと思います。

 

 

シャワーを当てる時間は1分ごとに、
温水1分、冷水1分、温水1分、、、

 

 

合計時間はあなたの「気持ちの良い」所で終わらせて
自由に調節して下さい。

 

 

高血圧の方や心臓などの内蔵に持病のある方

妊娠中の方、体調不良、発熱のある場合は

 

温冷水シャワーは控えて下さい。

 

 

もっと詳しく、

 

温冷水シャワーなど時代に左右されない健康法などなど
日々の生活を豊かにする事をブログでも配信しています。

 

↓↓コチラをクリック↓↓

 

田舎暮らしハヤトの長生き資産家になるブログ