パッチテスト(皮膚アレルギー試験)の仕方

カラーをする毎回必ず48時間前にパッチテストを行って下さい。

 

 

パッチテスト

 

 

ヘアカラーをする2日前の48時間前には、次の様な手順で毎回パッチテストを行って下さい。

 

パッチテストとは、染毛剤にかぶれる体質かどうかを調べるテストになります。

 

 

過去に何度も異常がなく染めていた方も季節の変わり目や体質の変化でかぶれを引き起こす事もありますので必ず毎回行って下さい。

 

 

 

準備

・これから染めようとする薬、1剤、2剤があるようであれば両方を使います。

 

・コットン

 

・綿棒

 

・染める1剤、2剤混ぜる容器

 

STEP1

染める薬剤の1剤、2剤、を指定された量を容器に
取り出します。

STEP2

容器に入れた1剤、2剤を綿棒で混ぜ合わせテストをする薬剤を作ります。

STEP3

テストをする薬剤を綿棒に取り出して、腕の内側側に10円硬貨大に塗り、
自然に乾燥させます。

 

テスト液が乾燥するまで洋服などにつかない様に気をつけます。
もし30日分位放置しても乾かない場合はテスト液の付けすぎですので
余計な薬剤はコットンなどで軽く拭き取って下さい。

STEP4

そのまま触れずに48時間放置します。(時間は必ず守って下さい。)

 

テスト箇所の観察テストはテスト液を塗布して30分後、48時間後の2回は必ず行って下さい。

 

 そのときに、塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常を感じた場合には、
手などでこすらないで、すぐに洗い落とし染毛はしないでください。

 

(48時間以前であっても、同じような異常を感じた場合も同様です。)

STEP5

そのまま触れずに48時間放置します。(時間は必ず守って下さい。)

 

テスト箇所の観察テストはテスト液を塗布して30分後、48時間後の2回は必ず行って下さい。

 

 そのときに、塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常を感じた場合には、
手などでこすらないで、すぐに洗い落とし染毛はしないでください。

 

(48時間以前であっても、同じような異常を感じた場合も同様です。)