頭皮ケア (ドライ乾かし方)

 

頭皮ケア (ドライ乾かし方編)

 

 

日々のサロンワークで最近感じる事は、ドライヤー髪を乾かすと髪を痛めてしまうのではないか?
と思っている方が、まだまだいらしゃいますが、、

 

頭皮、髪はしっかりと乾かす事をオススメします

 

まず、

 

髪にダメージがある場合には、洗い流さないトリートメントなどを中間〜毛先、特に傷んでいる箇所につけ
頭皮、地肌付近を頭を下にさげた状態で乾かします

 

頭皮、地肌付近が乾いたら、次に中間〜毛先、その後に髪全体を乾かします。

 

 

この時15センチ位開けて下さい。

ドライヤー寿命・変えるタイミング!

最近、お客様の髪を触っていて何故か、特別に髪を痛める様な事はしいないはずなのに、、、
バサバサで髪の色も変色していて原因が分かりませんでしたが、

 

謎が解けました!

 

そういえば、前回来店した時から自宅で使っているドライヤーの風が昔使っている時よりも熱く感じると
話していられました。

 

なので、

 

ドライヤーを変える事をオススメして、後日来店した時にはすっかり色の変色、バサつきが治っていました。

 

「ドライヤー」には寿命があります

 

ドライヤーを変えるタイミングは人それぞれ、壊れるまで使う方もいれば、新製品が発売すると変える方など
いろいろです。

 

ドライヤーの寿命は「3〜4年」になります
4年過ぎたドライヤーは変えるタイミングです。

 

イオンドライヤーのイオンの効果もドライヤーの寿命と同じく3〜4年です。

 

せっかく、シャンプー、トリートメントをこだわりケアしていてもドライヤーで傷めてしまっては元も子もないです。

 

なので、

 

そのまま利用するよりも買い替える事をオススメします!

 

オススメのドライヤーは、昔からプロがサロンワークで使用して来た定番注の定番!

 

 

 

 

↓↓オススメのドライヤーはコチラをクリック↓↓

 

サロンシェアNo,1ドライヤーメーカーが作った本気のドライヤー

 

 

サロンで使ってるドライヤーを変えるタイミングは、仕上がり感が変わって来たり

 

乾くスピードが遅くなったり、風が熱くなるなど色々ですが

 

1台違う物に変えると他のドライヤーとは乾く
速度、仕上がり感が変わってしまい他の全てのドライヤーも変えたくなってしまいます!

 

プロ使用は自宅で使いこなすのは難しいのでは?とあなたは思っているかと思いますが、
反対に仕上がり感、使いやすさ、乾スピードが違います。

 

プロ使用なので、知人友人使われている方は非常に少ないので希少性が高く
他の人と同じ物を使うのが嫌な人は差がつけられます

 

 

更に希少性の高い

 

有名タレント・モデルの顧客も多く数々のマスコミに取り上げられ続けている
大人気サロンのセレクト商品はいかがでしょうか?

 

ドライヤーはもちんの事、普段のサロンワークでは欠かせないヘアーアイロンは
私も何年も愛用しているリピーターです。

 

 

その大人気美容室「AFLOT」の創設者でありCEO宮村浩気がプロデュースする商品は

 

↓↓コチラをクリック↓↓

 

AFLOATフィシャルショップ