サロンカラーとホームカラーのダメージの違いの理由

 

市販の白髪染めとサロンカラーは何が違うの?

 

 

一般的にドラッグストアで販売されている白髪染めは、
1剤と2剤を混ぜる2浴式のアルカリの白髪染めが支流です。
(ジアミン配合)

 

サロンでも支流は、2浴式のアルカリ染毛剤です。
(ジアミン配合)

 

では、

 

サロンカラー剤とホームカラー剤の違いは何かと言うと

 

 

この2剤の主成分は過酸化水素水でアルカリ剤です。
(日本の薬業法では、今現在6%までが使用可能です。)

 

サロンで扱っている2剤はと言うと、2%・3%・6%など
髪の状態に合わせて、

 

新生毛(根元)には、6%の脱色力の強い過酸化水素水を使い
既染毛(染めてある毛)には脱色力の弱い、2%・3%の2剤を使用して

 

なるべくダメージ与えない様にします。

 

サロンカラーでは、

 

更に、

 

前処理(髪を保護したり、タンパク質ケラチン、コラーゲンなどを補給)

 

後処理(髪に残ったアルカリを除去します。シャンプーでは落としきれない残留アルカリを除去)

 

などを行って頭皮、髪の痛みの進行を抑えて弱酸性に戻すことを行います。

 

また、

 

時間の調整も行い

 

染まりづらい新生毛を先に塗布して時間を置き、

 

その後に

 

既染毛(染まっている毛)を塗布して時間をおきます。

 

場合によっては、痛んでいる毛先などには(白髪がある程度染まっている状態)
低アルカリのカラー剤を使い色素補正だけを行い

 

最低限のダメージで染め上げる事を心がけています。

 

 

なので

 

市販の白髪染めでは、ダメージしている箇所に対応する事が出来ず、
痛みを進行させてしまい

 

築いた時にはすでに遅くなってしまい、

 

バサバサでボロボロ

 

疲れきって、老けて、

 

実年齢より、上に見られてしまうかもしれません

 

 

更に

 

付け加えると、2剤の成分はモノエタノールアミンを使用していて

 

このモノエタノールアミンは、揮発性ではない為、頭皮に残留してしまいます、、
(多くのメーカーで使用されています)

 

美容室では、アンモニウムを使用していて揮発性ですので
頭皮に残る事も少ないです。

泡カラーの真実!

 

市販の白髪染めとサロンカラーは何が違うの?

 

 

お久しぶりに、

 

来店してくれた髪を伸ばしている途中のk様

 

ん!

 

綺麗にムラなく染まっていたので

 

サロンで染めたのかと思いきや、ホームカラーで染めたそうで、

 

あまりにもキレイに染まっていたので、誰か他の人に毛染めを
塗ってもらったのか聞いてみると

 

 

自分一人で染めたとのこと

 

もしかして、

 

これだけ、ムラなく綺麗に仕上がって

 

いるという事はやはり泡カラーでした。

 

 

髪をさわってみると,見た目とは違いゴワゴワ、バサバサ

 

あ〜

 

やっちまったな!という感じです、、

 

せかっく長い間、伸ばしてきたのに、一回の泡カラーで
台無です。

 

サロンでも色々なトリートメントがありますが、
正直な所

 

私の個人的な意見を言わしてもらうと
100%元の健康な髪の毛に戻すことは不可能だと思います。

 

 

一般的なドラッグストアで売られているカラー剤で特に
ダメージを与えてしまうのは、この泡カラーです。

 

 

先ほども話しましたが、日本の薬事法で、アルカリの強さの上限は
6%で、

 

この泡カラーの2剤は、上限の6%です。

 

 

では、他のカラー剤と何が違うかと言いますと、

 

 

泡カラーは、

 

1剤にも含まれているアルカリ剤の濃度を
急激に上げて、さっくとキューティクルを開いて簡単に染まる
様にしてあります。

 

なので、

 

必要以上にアルカリ濃度を上げてしまい
髪を傷めて、ガサガサ、ゴワゴワ、バサバサ、になって取り返しの
つかない状態に、、

 

 

確かに自分一人で染めるには、簡単でムラなく染め上げられますが

 

一度、

 

痛めてしまった髪は、カットしない限り

 

ず〜っと

 

 

残ってしまい、

 

毎日、髪の痛んだ状態に悩まされストレスを感じてしまいます。

まとめ

 

 

一般的にドラッグストアで販売されている白髪染めは

 

染めたい時に気軽に安価で染められますが、

 

 

薬剤の種類も少なく、色々な髪質、髪の状態に
対応をする事が出来ず、

 

結果的に髪にダメージを与えしまいます。

 

 

 

もちろんのことですが、
サロンでのカラーは美容師がベストな薬剤を選択して

 

最善の注意を払って染めますので間違いありませんが、

 

 

どうしても自宅で白髪染めを行なう場合は
根元の新生毛(リタッチ)のみにしたり

 

生え際、分け目のTゾーンのみを部分染めして

 

途中に行きつけのサロンで修正してもらう事を推奨します。

 

 

又は、

 

ダメージを与えたくないのであれば、白髪染めトリートメント(カラートリートメント)を
オススメします。

 

 

白髪染めトリートメントって何?(無添加 白髪染めトリートメント)